労組ジーケーアイ

派遣社員の直接雇用や長時間労働の是正などに取り組んでます

労組ジーケーアイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝間和代 「労働組合をつくり社会を変えよ」

経済評論家の勝間和代さんが、労働組合をつくり、声をあげ、おかしな社会を変えなければならないと訴えています<NHK教育テレビ「知る楽」2009年8月27日放送> 私も同感です。1分半の中で語られた言葉を下に記します。番組での対談相手はブランドプロデューサーの藤巻幸夫さん。映像はここのサイトhttp://npcunion.seesaa.net/article/127095432.htmlでご覧になれます。労組ジーケーアイのNPC日本印刷支部ブログです。あわせてよろしくお願いします。



勝間和代

勝間 : サステイナブル(持続的)な社会をつくりたいと思ったり、自分がもっと活躍したいと思ったら、それが実現できるような社会をつくっていくという発想をもたなければいけないんですね。 逆にもしそれが実現できないような社会であれば、何かがおかしいんですよ。それに対して自分が声をあげていかなければいけないし、それを変革していかなければいけないということを、個々人が、ひとりひとりがやっていかなければいけないんですね。

藤巻 :具体的に何をやっていったらいいんでしょうかね。

勝間 :例えば、若い人たちがですね、少しづつ始まっていますけれど、非正規雇用は(雇用)保険もなければ、時給も安ければ、解雇規制も緩いということがありますが、これおかしいんですよ。明らかに。おかしいことについては、わたくしのような有識者と呼ばれる人が「おかしい」「おかしい」「おかしい」といっても、もちろんそれも大事なんですが、それよりは、ご本人たちが、これはおかしいということで、労働組合をつくり、企業に対して対抗し、国に対して文句を言い、選挙にも行き、場合によっては政党を動かすといったかたちで、自分たちのおかしさというのを変えていかなければならないんですね。


藤巻 : いいことですね。まず個人としてしっかり行動しなければならないということなんですね。

勝間  : そうなんです。ミッションの達成というのは、ある意味で、それなりの労力がかかるんですね。犠牲も必要です。努力も必要です。それが民主主義なんですね。

藤巻 : なるほど。よくわかります。



クリックの応援 お願いします。


にほんブログ村 OL日記ブログ 派遣OLへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。