労組ジーケーアイ

派遣社員の直接雇用や長時間労働の是正などに取り組んでます

労組ジーケーアイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイトや派遣を1年間続けたら正社員に(1)(2)(3)



続き(2)
続き(3)


テレビ番組「大田総理、田中秘書」から。
派遣やアルバイトとして一年働いたら正社員に転換すべきですね。
番組の投票でも、それが支持されました。


経営者はアルバイトなどに「努力が足りない」と責めます。
あたかも怠け者であるかのように指摘します。
これは、安い給料のうえ、社会保険にも加入させず、人を使い続ける甘えた経営者の口ぐせです。
本当は経営者が努力すれば、正社員で雇用できるのに、そのことを批判されたくないがために、派遣やアルバイトの「努力が足りない」と攻撃してしまうのです。
「どんな環境だって自分の道は拓いていける」と説教する経営者。
つまり「自己責任」だと言っている。
ところが、その経営者に、ではなぜアルバイトや派遣を雇うのかと聞くと、
「正社員を雇うと、人件費の安い中国など発展途上国との競争に負けてしまう」からだと言い訳する。
それは、中国企業に負ける原因を、経済環境のせいにしていることにほかならない。
自分の経営の悪さ、自分の経営責任には、まったく触れようとしない。
アルバイトには「環境じゃない!」「自分の努力が大事だ」と説教するのに、自分の経営の汚点に話題を向けられると、そのとたんに、経済競争が厳しいと言って、自己責任を棚に上げ、経済環境の責任へと転化する。
経営者というものは、本当に自分勝手な人々であることが、ここではっきりする。
経営者の手腕を発揮すれば、どんな経営環境だろうと、道を拓くことができるはずだ。
経営者たちよ!
経営責任を果たせ。
非正規雇用に、依存するな!甘えるな!
非正規雇用を、利用するな!使い捨てにするな!

経営者の都合ばかり優先していては、人間も、社会も崩壊してしまいます。
今、日本は転換点に立ちました。
よい社会を目指すのか、それとも、このまま人間切捨てを許してしまうのか。
私はよい社会に向かって進むよう努力します。
私は皆さんと手を携え、自分の人生、そして、社会をよくするために戦いましょう。

[ 2008/12/25 12:09 ] 派遣法 改正へ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。