労組ジーケーアイ

派遣社員の直接雇用や長時間労働の是正などに取り組んでます

労組ジーケーアイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正社員になりたいと、素直に言おう

契約241人を正社員化   医薬品卸のスズケン

共同通信ニュース記事
http://www.47news.jp/CN/200902/CN2009021201000674.html
スズケンのサイト
http://www.suzuken.co.jp/company/news/2009/09-02-12.html


  契約社員というのは、雇用する期間に定めがある。半年とか1年で。派遣では3ヶ月が多い。このように短い期間を定めるのだけれど、契約を何度も更新し、実際に働く期間は、3年、5年、長い人だと10年以上、就労するケースが少なくない。5年も10年も勤めているのに、契約期間が半年(や1年、三ヶ月)というのは、やはり不自然といわざるをえない。
  あるホテルを建設するプロジェクトがあって、工事期間は1年半。この一年半を契約社員として雇用する、というのなら、期間の定めのある雇用契約も理解できる。しかし、仕事は継続的にあることが明らかに見込まれているのに、半年とか1年に契約期間を区切ることを、認めるべきではないだろう。期間の定めの無い雇用=無期雇用として契約すべきだ。

  契約社員は、昇給なし、賞与なし、退職金なし、家族手当なしなどであるケースが多く、正社員と比べて著しく待遇が悪い。企業は、安く雇用したいがために契約社員として雇用しているのが実態だろう。格差是正についてはまた改めて述べるとして、待遇の問題と雇用契約期間の問題は分けて考える必要がある。賞与や昇給、退職金があるなしにかかわらず、雇用の実態に即して、有期契約から期間の定めの無い雇用(正社員)への移行させるべきである。つまり、正規か非正規かという、格差の大きい二つの雇用形態しかない会社が多い。格差が大きい二つの雇用制度の二者択一を迫る状況から脱し、短時間正社員制度を導入したり、残業をしない働き方を認めるなど、正規雇用の多様化が必要だ。

  財界は、派遣法の議論をするとき、必ず、多様な働き方が必要であり、派遣で働きたい人がいるという、働く人のニーズを強調する。しかし、実際には、派遣というのは、働く側のニーズは実はあまりなく、大半がそれしか選択肢がなく、次善のものとして選ばれているケースがほとんどだと、私は考えている。派遣を本当に必要としているのは、むしろ経営者たちである。それを、労働者のニーズが高いかのように、ことさら強調し続け、派遣労働を本当に必要としているのは経営者であることを隠蔽してきた。経営者の皆さん。多様な働き方が必要だと言うのなら、正社員の多様化を進めることを考えるべきだ。

  契約社員の皆さん。「正社員として働きたい」。 この気持ちを、素直に発言しよう。雇い止めにされる不安から、そう言えない状況もあるだろう。それなら、社外で信頼できる友人との会話の中でもいいし、ネットでの匿名の発言であってもいい。気持ちを発することが大切だ。契約社員が何も声を発しないで有期雇用を受け入れていれば、何も変わらない。マスコミなどを通じて、経営者の声だけが伝えられ、世論はそれで収まってしまう。


にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村


今日も1才の娘の子守をしながらPC覗いてます。
机がチョコだらけに・・・・・
仕事の合間にみさせていただきました。
ブログ応援しますね!
それでは失礼します。
[ 2009/02/14 19:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。