労組ジーケーアイ

派遣社員の直接雇用や長時間労働の是正などに取り組んでます

労組ジーケーアイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組合員を盗撮するNPC日本印刷 でっち上げの材料づくりか

5階から盗撮するNPC
 ツナシマ第二ビル5階から盗撮


4階から盗撮するNPC
 同4階から盗撮


 労組ジーケーアイは3月21日、NPC日本印刷(東京都文京区湯島、代表取締役・牟田学=日本経営合理化協会理事長)を訪ね、書類を手交しました。すると、日本印刷は、われわれ組合員の様子をビデオカメラで盗撮しました。組合が手交した書類は、日本印刷が希望する団体交渉日を受け入れる回答書とビデオカメラによる撮影を止めるよう求める抗議書なのですが、この日は、われわれの行動を盗撮していました。
 日本印刷はこのビルの4階と5階のフロアに入っています。上から1番目の写真のとおり、5階の窓が開いているところから、ひょっこりビデオカメラを構える手首が見えています。4階からも盗撮していました(写真=上から2番目)。カメラだけを窓から出して、隠れて撮っています。

 日本印刷は当労組の組合委員長を不当解雇しました。この組合員の原職復帰を求め、東京都労働委員会にも救済を申し立てています。労働委員会での審理はもうすぐ2年、この間、会社と組合の文書のやり取りはファクスで行うことが、労働委員会を通じたルールとして確立しています。
 2月下旬、ここ日本印刷前でビラの配布をした後、そのついでに、組合がファクス送信していた団体交渉申入書について、届いているかどうかを、組合との交渉窓口である総務部長に確認しようとしました。営業本部の部長である大下さん(仮名)に取り次ぎをお願いしたところ「少々お待ち下さい」と言われ、ビルのロビーで待っていました。10分ほど経ってもなんの連絡もないので、これは変だと思って、われわれは会社を後にしました。そうしたところ、数日後、「団体交渉の回答があるまで、ここを動かない」と言って組合員が居座ったと、案の定、事実無根のでっち上げの抗議書が送られてきました。
 罪をでっち上げ組合を陥れる。この会社の卑怯な手段を断固、粉砕しなければなりません。油断することなく、日本印刷の不当労働行為を明らかにする決意です。


要請団









[ 2012/03/23 14:11 ] NPC日本印刷 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。